産経フォト

瀬戸、日本勢初のV2 世界水泳・400m個人メドレー

スポーツ

瀬戸、日本勢初のV2 世界水泳・400m個人メドレー

更新 jnl1508100003
男子400m個人メドレー決勝 金メダルを獲得しガッツポーズする瀬戸大也=ロシア・カザニ(撮影・森田達也) 男子400m個人メドレー決勝 金メダルを獲得しガッツポーズする瀬戸大也=ロシア・カザニ(撮影・森田達也)キヤノン EOS-1D X:EF600mm F4L IS USM
表彰式で金メダルを手にする瀬戸大也(中央)=ロシア・カザニ(撮影・森田達也)
画像を拡大する
表彰式で金メダルを手にする瀬戸大也(中央)=ロシア・カザニ(撮影・森田達也)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 【カザニ(ロシア)=青山綾里】水泳の世界選手権は9日、ロシアのカザニで最終日が行われ、競泳の男子400メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也(JSS毛呂山)が4分8秒50で金メダルを獲得し、2連覇を達成した。日本勢による世界選手権2連覇は初めて。

 瀬戸は、来年のリオデジャネイロ五輪の代表権を獲得した。

企画制作:産経デジタル