産経フォト

にぎわいが消えた商店街 双葉町【東日本大震災10年 パノラマ】Vol.623

東日本大震災

にぎわいが消えた商店街 双葉町【東日本大震災10年 パノラマ】Vol.623

更新 pnr2102190001
にぎわいが消えた商店街 双葉町【東日本大震災10年 パノラマ】Vol.623

 福島第1原発事故の影響で立ち入りが制限されてきた福島県双葉町は昨年3月、双葉駅周辺など一部で避難指示が解除された。

 町の中心部にある新山商店街は震災前まで毎年11月に「新山秋市」が開かれ多くの人でにぎわっていたが、今はすれ違う人もほとんどいない。地震で壊れた家屋の解体が進み更地が広がっていた。(2018年3月8日-2021年1月15日、植村光貴撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング