産経フォト

研究施設に眠る標本470万点 国立科学博物館【360°パノラマ】

ニュース

研究施設に眠る標本470万点 国立科学博物館【360°パノラマ】

更新 pnr2007140001
研究施設に眠る標本470万点 国立科学博物館【360°パノラマ】

 窓のない薄暗い部屋に大型哺乳類の剥製が所狭しと並ぶ。ここは茨城県つくば市にある国立科学博物館の筑波研究施設「自然史標本棟」。通常は非公開の8階建ての建物に世界中から集められた動物や植物、鉱物など多岐にわたる標本が収蔵されている。

 博物館の本館(東京・上野)に展示している標本資料は全体の1%未満。展示室に収まらない約470万点が筑波研究施設に保管されている。(2020年5月20日、鴨川一也撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

■関連記事 新発見を待つ標本470万点 国立科学博物館(茨城・つくば)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング