産経フォト

カルデラのシンボル「阿蘇のえくぼ」 米塚【360°パノラマ】

自然・風景

カルデラのシンボル「阿蘇のえくぼ」 米塚【360°パノラマ】

更新 pnr2006140001
カルデラのシンボル「阿蘇のえくぼ」 米塚【360°パノラマ】

 周囲約128キロにわたる世界有数の阿蘇カルデラは新緑がまぶしい季節を迎えた。その火山景観の中で円錐(えんすい)形の山がひときわ存在感を放っている。

 米塚(熊本県阿蘇市)は軽石に似た火山噴火物が花火のように飛散してできた小さな単成火山。麓からの高さは約80メートル(標高954メートル)、底面の直径は約380メートルで山頂には直径80メートルほどの火口がある。

 神様が大きな手で山頂部から米をすくったという神話に由来し名付けられた。お椀を伏せたような山容から、旅行者らに「阿蘇富士」と人気だが、地元では愛着を込めて「阿蘇のえくぼ」とも呼ばれる。(2020年5月27-28日、桐山弘太撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

■【関連記事】ふるさと富士 カルデラのシンボル「阿蘇のえくぼ」 米塚

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング