産経フォト

記憶と再生、新たな拠点 陸前高田の「津波復興祈念公園」【東日本大震災パノラマ】Vol.574

東日本大震災

記憶と再生、新たな拠点 陸前高田の「津波復興祈念公園」【東日本大震災パノラマ】Vol.574

更新 pnr2003270001
記憶と再生、新たな拠点 陸前高田の「津波復興祈念公園」【東日本大震災パノラマ】Vol.574

 東日本大震災で津波による壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市。現在も整備が進む高田松原津波復興祈念公園に昨年9月、「東日本大震災津波伝承館」と「道の駅高田松原」が開館した。震災から9年を迎えようとする中、被害や教訓を伝える場とにぎわいの場が新たに加わることで、風化を防ぐとともに観光地としての魅力を伝えるための施設として期待される。

 同公園は広さ約130ヘクタールで、太平洋に面する。震災後、新しく整備された防潮堤の外側には、高田松原の再生を目指し、たくさんの松が植えられている。公園は来年3月に完成する。(2020年3月6日、植村光貴撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング