産経フォト

夜まで鎮魂の祈り続く 阪神大震災25年【360°パノラマ】

ニュース

夜まで鎮魂の祈り続く 阪神大震災25年【360°パノラマ】

更新 pnr2001180001
夜まで鎮魂の祈り続く 阪神大震災25年【360°パノラマ】

 6434人が犠牲となった阪神大震災は17日、発生から25年となった。神戸市中央区の東遊園地など各地で発生時刻の午前5時46分を中心に追悼行事が行われ、鎮魂の祈りは夜まで続いた。神戸市と兵庫県主催の追悼行事では、遺族の代表らが追悼の言葉を述べた。

 東遊園地で行われた追悼行事「1・17のつどい」では、早朝から竹灯籠など約6千本が点灯され、「きざむ 1・17」の文字が浮かび上がった。夕方にも再び点灯し、多くの市民らが静かに手を合わせた。(2020年1月17日夜、鳥越瑞絵撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング