産経フォト

2020人が走り初め 国立競技場【360°パノラマ】

イベント・祭典

2020人が走り初め 国立競技場【360°パノラマ】

更新 pnr1912210001
2020人が走り初め 国立競技場【360°パノラマ】

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして完成した国立競技場で21日、陸上男子短距離の桐生祥秀選手(日本生命)らと一般ランナーが陸上トラックを初めて走るイベントが開かれた。

 主催はアシックス。同社製品の購入者から抽選で当選した小学生以上の1010組2020人が参加した。競技場の設計に携わった建築家の隈研吾さんや女子マラソンで04年アテネ五輪金メダルの野口みずきさん、五輪2大会連続メダルの有森裕子さんも加わった。

 ユーチューバー「フィッシャーズ」と200メートル走で競争した桐生選手は「タータンの硬さとか柔らかさとかはあまり気にしてない。(五輪では)ここで走るんだと競技場の雰囲気を感じられて良かった」と語った。(2019年12月21日、後藤徹二撮影)
(撮影機材:リコー THETA Z1 )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング