産経フォト

体操競技場など建設進む 臨海部の五輪施設【360°パノラマ】

遺跡・建造物

体操競技場など建設進む 臨海部の五輪施設【360°パノラマ】

更新 pnr1907030001
体操競技場など建設進む 臨海部の五輪施設【360°パノラマ】

 東京都は3日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて臨海部に新設中の選手村(中央区)や競技会場の計4施設を報道陣に公開した。選手村の宿泊棟は全21棟が最上階まで建設されるなど工事の進捗は8~9割となった。

 有明アリーナの工事の進捗は8割を超え、12月の完成を目標としている。他に水泳会場の東京アクアティクスセンター(江東区)が7割、有明体操競技場(同)も8割まで工事が進んでいる。(2019年7月3日、三尾郁恵撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング