産経フォト

ANA、貨物専用機「ボーイング777F」公開【360°パノラマ】

ニュース

ANA、貨物専用機「ボーイング777F」公開【360°パノラマ】

更新 pnr1906130001
ANA、貨物専用機「ボーイング777F」公開【360°パノラマ】

 ANAホールディングス(HD)は13日、羽田空港で貨物専用機ボーイング777F型機を報道陣に公開した。旅客機のボーイング777型機の客室を荷物室に改装した。これまでの767Fより航続距離や搭載重量が増えたことで、航空機エンジンなどより大型の荷物を北米まで運ぶことができるようになるという。

 777Fは最大搭載重量が102トンと、767Fの約2倍。航続可能距離も9070キロと約1.5倍に伸びたため、日本から米東部まで途中給油なしで輸送できる。テスト走行用の自動車や自動車レース「F1」の車両などの高級車のほか、半導体製造装置のような高額で慎重な輸送が求められる商材を想定している。

 ANAHD子会社で航空貨物会社の「ANA Cargo(カーゴ)」の杉口広取締役はボーイングの航空貨物市場予測を元に、「米中貿易摩擦の影響はあるが、アジアと北米の航空貨物輸送は大きな成長を見込んでおり、しっかりと成長に乗っていきたい」と話した。(2019年6月13日、荻窪佳撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

航空関連・360°パノラマ

■ニッコリ笑顔の2号機 ANA「エアバスA380」(2019年5月18日撮影)
■世界最大の旅客機「エアバスA380」内部公開 ANA(2019年4月23日撮影)
■新政府専用機 ボーイング777‐300ER(2018年12月6日撮影)
■米空軍のCV22オスプレイ (2018年9月15日撮影)
■米空軍の攻撃機「A-10」 (2018年9月15日撮影)
■米空軍の空中給油機「KC-135」 (2018年9月15日撮影)

■米空軍の輸送機「C130J」 (2018年9月15日撮影)
■米空軍の空中給油機 KC10 (2018年9月15日撮影)
■米空軍輸送機CV22オスプレイ (2018年9月15日撮影)
■十和田湖に沈んでいた旧陸軍機 (2018年1月26日撮影)
■五輪塗装機、全国の空へ ANA (2018年1月28日撮影)
■復元された零戦 (2017年6月9日撮影)

■キャセイパシフィックのジャンボ機 (2016年10月1日撮影)
■空自「F4ファントム」 (2015年10月13日撮影)
■米空軍の空中給油機「KC-135R」 (2015年9月19日撮影)
■米空軍の輸送機「C-17」 (2015年9月19日撮影)
■米空軍機「AWACS」 (2015年9月19日撮影)

■飛行可能な零戦の操縦席 (2014年11月21日撮影)
■空自・F-15イーグル (2014年4月21-23日撮影)
■ANA ボーイング747-400型機 (2013年12月17日撮影)
■海自・哨戒機P3C (2013年1月7日撮影)
■“新聞村”のヘリコプター (2012年11月20日撮影)
■歴代のJAL制服ずらり (2012年9月22日撮影)


■YS-11 (2011年10月22日撮影)
■JAL「ジャンボ747」 (2010年9月16日撮影)
■日本初の民間ジェット「富士号」 (2010年9月6日撮影)
■飛行船「ツェッペリンNT」 (2010年4月4日撮影)
■JAL クラシック・ジャンボ (2009年8月25日撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング