産経フォト

新旧ロマンスカーそろい踏み【360°パノラマ】

鉄道

新旧ロマンスカーそろい踏み【360°パノラマ】

更新 pnr1905250001
新旧ロマンスカーそろい踏み【360°パノラマ】

 小田急電鉄海老名電車基地(神奈川県海老名市)などで25日、「小田急ファミリー鉄道展2019」が始まった。

 同基地内では、昭和32年に運用開始され平成4年に引退した、小田急ロマンスカー3000形「SE」と、昨年デビューした最新の70000形「GSE」が並べて展示され、新旧ロマンスカーの前で多くの家族連れや鉄道ファンが記念撮影などを楽しんだ。

 展示された3000形はロマンスカーは、小田急電鉄が保存する唯一のもの。現在は5両編成だが、3両に減らした上で、令和3年春に海老名電車基地の隣接地に開業予定の「ロマンスカーミュージアム」に展示される予定だ。

 イベントは26日まで。入場無料。(2019年5月25日、古厩正樹撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

■関連【360°VR動画】小田急ロマンスカー・展望車に乗ってみた(2018年4月2日撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング