産経フォト

防潮堤の復旧工事進む 釜石・唐丹町【東日本大震災パノラマ】Vol.553

東日本大震災

防潮堤の復旧工事進む 釜石・唐丹町【東日本大震災パノラマ】Vol.553

更新 pnr1904150001
防潮堤の復旧工事進む 釜石・唐丹町【東日本大震災パノラマ】Vol.553

 8年前の津波で多くの家屋が破壊された岩手県釜石市唐丹町の小白浜地区。がれきで覆いつくされた場所は現在、仮設グラウンドとして利用されている。市では「地域の人のグラウンドゴルフや小学校での授業などに使っています」と話す。

 仮設グラウンドの横では防潮堤の復旧工事が行われていて、高さは14.5メートルになる。

 小白浜地区には、もともと高さ12.5メートル、全長420メートルの強固な防潮堤があったが、津波で破壊されている。(2011年4月4日・宮川浩和-2019年3月6日・植村光貴撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング