産経フォト

更地に残る3階建てビル 陸前高田【東日本大震災パノラマ】Vol.552

東日本大震災

更地に残る3階建てビル 陸前高田【東日本大震災パノラマ】Vol.552

更新 pnr1904120001
更地に残る3階建てビル 陸前高田【東日本大震災パノラマ】Vol.552

 津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の中心市街地。高台に移転したJR大船渡線の陸前高田駅付近から海側を望むと、広大な更地が広がっていた。その中に、米沢商会の鉄筋3階建てビルが解体されず、ぽつんと残されている。

 駅周辺部は、海抜約10メートルかさ上げされた造成地。2017年に震災前に市内で営業していた店舗などが入る大型商業施設「アバッセたかた」や市立図書館が建設された。この施設の隣には「まちなか広場」と名付けられた公園がある。

 駅舎前は昨年9月、交通広場が整備され、BRT(バス高速システム)の赤いバスが発着する。(2011年3月19日・桐山弘太-2019年3月6日、植村光貴撮影)

■360°パノラマで見る「米沢商会ビル」(2016年3月10日撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング