産経フォト

豊洲市場、2年遅れで開場【360°パノラマ】

ニュース

豊洲市場、2年遅れで開場【360°パノラマ】

更新 pnr1810110001
豊洲市場、2年遅れで開場【360°パノラマ】

 築地市場(東京都中央区)の閉場に伴い、移転した東京都の新たな中央卸売市場の豊洲市場(江東区)が11日、当初の予定から2年遅れで開場した。83年の歴史に幕を閉じた築地市場を引き継ぐ豊洲市場は、近代的施設で今後の「日本の台所」を担う。

 約40ヘクタールの豊洲市場は築地市場の約1.7倍の広さで、約6千億円かけて整備された。開放型の築地と違い、閉鎖型で24時間、低温で商品を管理する「コールドチェーン」が実現し、衛生面で大きく進歩した。

※パノラマ写真は水産仲卸売場
(2018年10月11日、古厩正樹撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング