産経フォト

冠水した川辺宿駅 倉敷・真備町【西日本豪雨パノラマ】Vol.2

ニュース

冠水した川辺宿駅 倉敷・真備町【西日本豪雨パノラマ】Vol.2

更新 pnr1807110001
冠水した川辺宿駅 倉敷・真備町【西日本豪雨パノラマ】Vol.2

 西日本豪雨では中国、四国地方の広範囲で鉄道などの交通機関が大打撃を受けた。土砂流入や橋桁の流出、変電所の水没といった甚大な被害が出ている箇所も多く、国土交通省によると、鉄道は11日正午の時点で11事業者の28路線が運転を休止している。

 総社(岡山県総社市)-神辺(広島県福山市)を結ぶ井原鉄道・井原線は11日現在、総社-三谷間(約15キロ)が浸水被害のため運休中。この間にある川辺宿駅(倉敷市真備町)の1階待合室は7日、豪雨で冠水していた。

 周辺地域の浸水はほぼ解消したが、待合室には水たまりが残る。ホームへ向かう階段には流れ着いたと思われるがれきが残っていた。(2018年7月11日、沢野貴信撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング