産経フォト

激戦地・ガダルカナル島の今【360°パノラマ】

ニュース

激戦地・ガダルカナル島の今【360°パノラマ】

更新 pnr1510050001
激戦地・ガダルカナル島の今【360°パノラマ】

 70年余り置き去りにされた兵士たちの慟哭(どうこく)が聞こえるようだった-。第二次大戦の激戦地、ガダルカナル島(ソロモン諸島)。約2万1900人の日本軍将兵が命を落とし、今も約7千人分の遺骨が残されたままのこの地に、8月末から2週間にわたり滞在。日本軍が飛行場奪還のため密林内に切り開いた全長約35キロの迂回路(うかいろ)「丸山道」での民間団体の遺骨捜索・収集活動に同行した。

 雨で増水したルンガ川を渡り、密林内の急峻(きゅうしゅん)な崖を登る。足元の泥で何度も滑り落ちそうになった。

 昭和17年10月、約3週間で急造された丸山道沿いのコロブブ地区。土中から骨片とともに眼鏡と万年筆が見つかった。「この万年筆で家族に手紙を書いたのだろうか」。わずか3センチほどの骨片が、急に人格を持つものに感じられた。

 日が暮れると辺りは漆黒の闇に包まれる。兵士たちは発見を恐れて夜間に渡河や水の補給を行ったという。川岸から見上げた空には天の川がくっきりと浮かんでいた。絶望の中、日本へと続く空を見上げながら故郷を思ったに違いない。

 帰路につく直前に見つかった大腿骨(だいたいこつ)や色あせた写真。「ガ島未送還遺骨情報収集活動自主派遣隊」隊長で僧侶の崎津寛光さん(43)が読経を終えると、突然土砂降りになった。「やっと帰れる、という英霊の涙雨なんです」。崎津さんの言葉が胸に響いた。

 故郷から遠く離れたこの地に今も取り残される兵士たち。どんなに帰りたいだろう。彼らの気持ちを思うとき、日本で自分の帰りを待つ家族の姿が浮かんで離れなかった。(2015年9月5・7日、甘利慈撮影)

 ■【読んで見フォト】ガダルカナル島 遺骨捜索・収集 を見る

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング