産経フォト

砕氷艦「しらせ」を探検【360°パノラマ】

自衛隊・ミリタリー

砕氷艦「しらせ」を探検【360°パノラマ】

更新 pnr1411100001
砕氷艦「しらせ」を探検【360°パノラマ】

 2009(平成21)年5月に就航した海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」(1万2650トン)。文部科学省は南極観測船と呼ぶが、任務は南極観測ではなく物資、人員の輸送や観測支援。宗谷、ふじ、先代しらせに続く4代目の観測船。世界屈指の砕氷力を誇り、厚さ約1.5メートルまでの氷中を時速約5.6キロで進む。艦名は日本の南極探検の先駆者、白瀬矗(のぶ)陸軍中尉率いる「白瀬隊」に由来する。

 「しらせ」は11日午前、南極に向け東京・晴海ふ頭を出航する。乗員180人、運ぶ物資は約1017トン。予定では今月25日にオーストラリアのフリーマントルに立ち寄り観測隊員を乗せ、昭和基地周辺に向かう。南極海の氷の状態などにもよるが、順調に航海が進むと12月末ごろに基地周辺に到着する。(2010年10月29日・11月11日、2011年11月11日、植村光貴撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング