産経フォト

藤井棋聖にインタビュー 18歳「自然にやるのが一番」

ニュース

藤井棋聖にインタビュー 18歳「自然にやるのが一番」

更新 mov2007260002
インタビューに応じる藤井聡太棋聖=20日、東京都渋谷区(川口良介撮影)

 第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)で16日に初タイトルを獲得したばかりの高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が取材に応じ、「面白いと思っていただけるよう、よりよい将棋を指したい」と抱負を述べた。19日に18歳の誕生日を迎えたが「今までと変わらず、自然体で臨みたい」と気負わない姿勢を見せた。

 藤井棋聖は王位戦七番勝負にも挑戦中で、現在、木村一基王位(47)に2連勝しており、8月4、5日に第3局、同月19、20日に第4局が控えている。4勝して王位を獲得すればタイトル獲得2期となり、規定で八段に昇段する。

 加藤一二三・九段(80)=引退=が18歳3カ月の最年少で八段に昇段した記録を更新する可能性があるが、これまで通り「記録は意識していません」。さらに「第1局、第2局と木村先生に勉強させていただいたので、第3局以降で生かせれば」と真摯に語った。

 竜王戦では、決勝トーナメントに進出しており、今月24日の初戦で丸山忠久九段(49)と対戦する。

 「将棋界の盤上の物語の価値は不変」。棋聖戦第4局の終局後の会見で、人工知能(AI)搭載将棋ソフトが進化する中、棋士との共存について意見を問われてそう答えた藤井棋聖。その真意について「対局は、指し手だけでなく、対局者の考えや食事も含めて一つのストーリーがある。そんなところも楽しんでもらえたらという思いでした」と説明した。

 棋聖となって間もなく1週間。「あれから『棋聖』と呼んでいただく機会が増え、何となく実感が湧いてきて、身が引き締まる思いです」と語った。「あとは色紙を書くときに間違えなければいいんですけど…」と表情をほころばせた。(中島高幸)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング