産経フォト

【動画】新緑の清流 時を忘れ 広島・帝釈峡

自然・風景

【動画】新緑の清流 時を忘れ 広島・帝釈峡

更新 mov1605180001
帝釈峡 渓水の浸食作用によってできた国の天然記念物「雄橋」 =1日午前、広島県(竹川禎一郎撮影)

 鮮やかな緑に包まれた遊歩道が清流に沿って続き、鳥たちのさえずりが響く。時折吹く風がさわさわと木々を揺らす。

 国定公園「帝釈峡(たいしゃくきょう)」。広島県神石高原町と庄原市にまたがり、春先の新緑から秋の紅葉まで、1年を通してさまざまな姿を見せてくれる。

 全長18キロにわたる峡谷には、一番の見どころである天然記念物の「雄橋(おんばし)」や、人造湖の「神龍(しんりゅう)湖」などが点在する。

 最初にレンズを向けたのは、神龍湖に浮かぶ遊覧船。40分をかけて湖を1周し、名所を案内してくれる。この日は恒例の「湖水開き」があり、行き交う船が、観光シーズンの到来を告げていた。

 山を仰ぐと「神龍橋」が目に入る。湖を一望できる橋上では、家族やカップルが足を止めて、写真を撮っていた。

 目的地の雄橋に到着。巨大な石灰岩を帝釈川の渓水が浸食して生み出した大自然の造形。ダイナミックな姿に、鬼が作ったという伝説が残るのも納得できた。

 日が暮れるのを待って、昼間とは違う表情を見せる雄橋に迫る。ファインダーの中に、悠久の時を刻んだ銘橋が浮かび上がった。(写真報道局 竹川禎一郎)

 ■メモ
 広島県北東部の神石高原町と庄原市東城町とにまたがる広島県を代表する景勝地「帝釈峡」。国の名勝や国定公園に指定される。遊覧船で巡る神龍湖や帝釈川に沿って整備された遊歩道のハイキングが見どころ。帝釈峡へは中国自動車道「東城IC」から約10キロ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング