産経フォト

【動画】跳び回る 5センチ幅の美技「スラックライン」

スポーツ

【動画】跳び回る 5センチ幅の美技「スラックライン」

更新 mov1501150001
スラックラインは5センチ幅のトランポリンともいわれ、バランス感覚や体幹を鍛えられ-る。国内の競技人口は約4万人、海外ではワールドカップも開催される。

 宙返り、横回転、逆立ち-。不安定なベルトの上で息もつかせぬ連続技。重力を無視しているかのような動きに目を奪われる。

 関西唯一のスラックライン専門施設「スラックラインパーク クロニック(神戸市中央区)」で華麗な技を披露するのはプロ選手として活躍する松本礼さん(28)。

 スラックラインは5センチ幅のトランポリンともいわれ、バランス感覚や体幹を鍛えられる。国内の競技人口は約4万人、海外ではワールドカップも開催される。

 「浮遊感を味わえるのが最大の魅力」。スラックライン歴はまだ2年半と浅いが、大会優勝経験もある。大会はトーナメント方式で行われ2分の持ち時間で技を競う。技の難易度や高さ、安定度などの総合得点で勝敗が決まる。「大技を成功させたときの歓声が最高。やめられません」松本さんは笑顔を見せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング