産経フォト

産経新聞社が4部門で受賞 関西写真記者協会賞

産経新聞社が4部門で受賞 関西写真記者協会賞

更新 inf1811300001
 受賞作「うつろう桜」の1枚、下北山スポーツ公園の天の川と桜=3月28日夜、奈良県下北山村(山田哲司撮影)  受賞作「うつろう桜」の1枚、下北山スポーツ公園の天の川と桜=3月28日夜、奈良県下北山村(山田哲司撮影)

 関西の新聞・通信社、テレビ局など76社が加盟する関西写真記者協会は30日、優れた報道写真と映像に贈る平成30年度の協会賞、各部門賞を発表した。 産経新聞大阪本社は、星空と桜など美しい風景を集めた「うつろう桜」(山田哲司、寺口純平、鳥越瑞絵、渡辺恭晃の4記者)が企画部門金賞を、めずらしい夜光雲をとらえた「イプシロン 暁の置き土産」(恵守乾記者)がニュース組部門金賞をそれぞれ受賞。「シートで脱出」(彦野公太朗記者)がニュース部門銀賞、「豪快ショットでマリオ変身」(甘利慈記者)がスポーツ部門銀賞を受賞した。

 最優秀賞の協会賞は新聞・通信の部が「台風21号 関空大打撃」(毎日新聞)、テレビ・ニュース映像の部が「わが子を看取る 家族の願い」(読売テレビ)だった。

 受賞作と今年の出来事を記録した報道写真を展示する、第63回報道展は、京都展(12月5~11日、イオンモールKYOTO)▽神戸展(同13~18日、さんちかホール)▽広島展(31年1月4~8日、天満屋広島アルパーク店)▽大阪展(1月10~18日、NHK大阪放送局)―の日程で開催される。

 受賞作「うつろう桜」の1枚、パナソニックミュージアムのさくら広場=3月28日午後、大阪府門真市(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
画像を拡大する
 受賞作「うつろう桜」の1枚、パナソニックミュージアムのさくら広場=3月28日午後、大阪府門真市(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 受賞作「うつろう桜」の1枚、桜の花いかだ=3月29日午後、京都市伏見区(水中ハウジング使用、渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
 受賞作「うつろう桜」の1枚、桜の花いかだ=3月29日午後、京都市伏見区(水中ハウジング使用、渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 受賞作「うつろう桜」の1枚、正寿院客殿の猪目窓から見えるソメイヨシノ=4月4日、京都府宇治田原町(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 受賞作「うつろう桜」の1枚、正寿院客殿の猪目窓から見えるソメイヨシノ=4月4日、京都府宇治田原町(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」の1枚。噴出された煙が「夜光雲」として上空に長時間たなびいた=1月18日、宮崎県えびの市(恵守乾撮影)
画像を拡大する
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」の1枚。噴出された煙が「夜光雲」として上空に長時間たなびいた=1月18日、宮崎県えびの市(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の1)午前6時6分、打ち上げられた小型ロケット「イプシロン」3号機の光跡が霧島連山の奥から伸びる(60秒間露光、恵守乾撮影)
画像を拡大する
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の1)午前6時6分、打ち上げられた小型ロケット「イプシロン」3号機の光跡が霧島連山の奥から伸びる(60秒間露光、恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の2)打ち上げ5分後、ロケットから噴出された煙がほうき星のような巨大な尾を描く(25秒間露光、恵守乾撮影)
画像を拡大する
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の2)打ち上げ5分後、ロケットから噴出された煙がほうき星のような巨大な尾を描く(25秒間露光、恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の3)7分後、煙の色が変化を始める(20秒間露光、恵守乾撮影)
画像を拡大する
 ニュース部門賞金賞「イプシロン 暁の置き土産」。(連続の3)7分後、煙の色が変化を始める(20秒間露光、恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 ニュース部門銀賞の銀賞受賞作「シートで脱出」=6月18日(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
 ニュース部門銀賞の銀賞受賞作「シートで脱出」=6月18日(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 スポーツ部門銀賞「豪快ショットでマリオ変身」=5月13日、福岡市東区の福岡CC和白C(甘利慈撮影)
画像を拡大する
 スポーツ部門銀賞「豪快ショットでマリオ変身」=5月13日、福岡市東区の福岡CC和白C(甘利慈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング