産経フォト

産経新聞社・宮崎記者にグランプリ 東京写真記者協会賞 

産経新聞社・宮崎記者にグランプリ 東京写真記者協会賞 

更新 inf1811270001
 東京写真記者協会賞を受賞したメーン写真。朝日が反射し、黄金色とべっこう色に輝く大船渡湾に通勤や通学の人を乗せたバスが浮かび上がる=2月27日、岩手県大船渡市  東京写真記者協会賞を受賞したメーン写真。朝日が反射し、黄金色とべっこう色に輝く大船渡湾に通勤や通学の人を乗せたバスが浮かび上がる=2月27日、岩手県大船渡市

 東京写真記者協会(新聞・通信など33社加盟)は26日、平成30年の優れた報道写真に贈る協会賞と各賞を発表。産経新聞社は東京本社写真報道局・宮崎瑞穂記者の「復興の色 東日本大震災から7年」で、グランプリの協会賞を受賞した。

 震災発生7年になる被災地を取材。黄金色に輝く海を背景に走る岩手県大船渡市のバス高速輸送システム「BRT」や、若葉色に透ける漁具の浮き玉を模したストラップ(宮城県女川町)、赤紅色のステージで踊る福島県いわき市のフラガールなどの5枚組で、復興へ向け変わりゆく景色や人々を「色彩」で表現した。

 受賞作品を含む、今年の出来事を記録した報道写真約300点は、来月18日から24日まで、東京都中央区の日本橋三越本店で開かれる「2018年報道写真展」に展示される。入場無料。

 入り組むように建つ只出(ただいで)漁港の防潮堤。全長923メートルの白銅色の壁は、約70軒の漁業者とその暮らしを津波から守る=2月16日、岩手県陸前高田市
画像を拡大する
 入り組むように建つ只出(ただいで)漁港の防潮堤。全長923メートルの白銅色の壁は、約70軒の漁業者とその暮らしを津波から守る=2月16日、岩手県陸前高田市フルスクリーンで見る 閉じる
 赤紅(あかべに)色のステージで踊るフラガール=2月17日、福島県いわき市
画像を拡大する
 赤紅(あかべに)色のステージで踊るフラガール=2月17日、福島県いわき市フルスクリーンで見る 閉じる
 群青色の海を一望できる横2メートル、縦1メートルの大きな窓。地元住民の要望で防潮堤に設けられた=1月15日、岩手県宮古市
画像を拡大する
 群青色の海を一望できる横2メートル、縦1メートルの大きな窓。地元住民の要望で防潮堤に設けられた=1月15日、岩手県宮古市フルスクリーンで見る 閉じる
 若葉色や浅葱(あさぎ)色に透ける、浮き玉を模したストラップ。高齢者が作り国内外で人気に=1月20日、宮城県女川町
画像を拡大する
 若葉色や浅葱(あさぎ)色に透ける、浮き玉を模したストラップ。高齢者が作り国内外で人気に=1月20日、宮城県女川町フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング