産経フォト

1億画素ミラーレス発売へ 富士フイルム

1億画素ミラーレス発売へ 富士フイルム

更新 inf1809260001
 富士フイルムが発売する1億200万画素のミラーレス一眼カメラの開発モデル  富士フイルムが発売する1億200万画素のミラーレス一眼カメラの開発モデル

 富士フイルムは25日、1億200万画素の超高解像度のミラーレス一眼カメラを2019年に発売する予定だと明らかにした。市販のミラーレスでは世界最高の画素数となる。販売価格は100万円台前半を想定。同社は「富士フイルム史上最高性能のカメラだ」と説明している。

 「フルサイズ」より大きな画像センサーを搭載し、レンズや画像処理の能力を高めた。風景や美術品を撮影するプロ写真家らの需要を見込んでいる。現在の市販ミラーレスでは5千万画素程度が最高レベルという。

 世界最大級の写真・映像機器見本市がドイツで26日に開幕するのを前に、現地で開発モデルをお披露目した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング