産経フォト

サッと見ニュース

伝統・文化

  • 「子ギツネ」軽快に舞う 大分、伝統の姫島盆踊り  大分県・国東半島沖の姫島(同県姫島村)で17日、「キツネ踊り」で知られる姫島盆踊りが開かれた。終盤にはキツネの格好をした子どもたちが港の広場で、鎌倉時代の念仏… 更新
  • 鮮やかな飾り、街彩る 仙台七夕まつり開幕  仙台市の夏の風物詩で、鮮やかな吹き流しなどの飾りが街を彩る「仙台七夕まつり」が6日、開幕した。 赤や青、緑の和紙を使って地元の人たちが毎年手作りする吹き流しは… 更新
  • 千年歴史誇る野馬追が開幕 ほら貝鳴らし街練り歩く  福島県で千年の歴史を誇り、戦国時代さながらに甲冑姿の騎馬武者が競馬などを繰り広げる伝統行事「相馬野馬追」が27日、開幕した。地域ごとに分かれた五つの騎馬隊計約… 更新
  • 水の都・大阪に夏本番 天神祭が開幕  水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が24日朝、市中心部を流れる堂島川での「鉾流神事」で幕を開けた。 更新
  • 熱海の漁師町巡る御神船 阿治古神社例大祭  静岡県熱海市網代で20日、地域の守り神を祭った阿治古神社の例大祭が行われた。みこしに代わる御神船「両宮丸」が、男衆の威勢のいい掛け声と共に漁師町の風情が残る街… 更新
  • 藤田嗣治後期の代表作寄贈 名古屋市美術館、8月公開  20世紀前半のパリで活躍し、エコール・ド・パリと呼ばれた芸術家らを代表する画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886~1968年)の後期の代表作2点が21日… 更新
  • 讃岐の田潤す「ゆる抜き」 満濃池、初夏の風物詩  日本最大級のため池、香川県まんのう町の満濃池で15日、水門を開放して水田に水を流す「ゆる抜き」が行われた。江戸時代から続く伝統行事で、讃岐の初夏の風物詩として… 更新
  • ドイツでバッハ音楽祭開幕 ライプチヒ、旋律包む  ドイツ東部ライプチヒで14日、同国の作曲家バッハ(1685~1750年)の作品を市内各地で演奏する「バッハ音楽祭」が開幕した。ライプチヒはバッハが長年活動した… 更新
  • 「梅の日」記念で式典 和歌山の産地、豊作祈る  「梅の日」に当たる6日、梅の名産地として知られる和歌山県田辺市で豊作を祈る式典が開かれた。同市と周辺自治体、農協などでつくる「紀州梅の会」の会員らが参列し、本… 更新
  • モネやピカソの秀作並ぶ 1日から神戸で特別展  モネ、ゴッホ、ピカソなど西洋近代絵画の秀作が並ぶ特別展「印象派からその先へ 世界に誇る吉野石膏コレクション」が、6月1日から兵庫県立美術館(神戸市中央区)で始… 更新
  • 「水うちわ」作り最盛期 作業最盛期の水うちわ  夏本番を前に「水うちわ」作りが岐阜市で最盛期を迎えている。4代続く「住井冨次郎商店」では23日、涼しげな絵柄が描かれたうちわが天井近くまで積み上げられていた。 更新
  • 新緑に映える「けまり祭」 奈良・談山神社  奈良県桜井市の談山神社で29日、恒例の「けまり祭」が開かれ、参拝客らが新緑に映える蹴鞠を見物した。 更新
  • 「書の美」VRで表現 毛筆文化を海外発信  毛筆で書の美を表現する楽しさを世界に知ってもらおうと、大阪市の書道家、藤田玉蘭さんらが仮想現実(VR)と融合した新しいパフォーマンスに挑戦している。 更新
  • クジラ骨の鳥居建て替え  古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町の恵比須神社で19日、クジラの骨を使った鳥居の建て替えを祝う式典があった。7月から再開される見通しの商業捕鯨を前に… 更新
  • 秘仏23年ぶり公開 埼玉・熊谷の妻沼聖天山  本殿が国宝に指定されている高野山真言宗の妻沼聖天山歓喜院(埼玉県熊谷市)は16日、今年で創建840周年になることなどから、国指定重要文化財の本尊の秘仏「御正体… 更新

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング