産経フォト

拘束記者、容疑認める映像 ベラルーシ当局が暴行か

2021.5.25のニュース

ニュース

拘束記者、容疑認める映像 ベラルーシ当局が暴行か

dly2105250010

 ベラルーシの国営テレビは24日夜、搭乗機の強制着陸によりベラルーシ当局に拘束された反政権派のジャーナリスト、プロタセビッチ氏が「大規模暴動」を組織した容疑を認めた映像を放映した。同氏の父親や亡命先ポーランドの外務次官は25日、暴行を受けて虚偽の発言を強いられたとの懸念を表明した。

 映像でプロタセビッチ氏は、当局の対応は「適正で最大限に合法的だ」とした上で、「取り調べに協力し、(首都)ミンスクでの大規模暴動を組織した事実を認める自白をした」と述べた。

 映像を見た父親はロシア独立メディアに「息子の言葉ではない。暴行を受けたのだろう」と述べ、顔に多数の傷らしい痕があると指摘した。ポーランドのヤブロンスキ外務次官も25日、拘置所で暴行を受けたとの認識を示した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング