産経フォト

立ち席で人的被害拡大か 台湾特急脱線、負傷200人

2021.4.4のニュース

鉄道

立ち席で人的被害拡大か 台湾特急脱線、負傷200人

dly2104040008

 台湾の特急列車脱線事故で、約120人が座席のない立ち席だったため人的被害が拡大したとの指摘が上がっている。台湾当局は因果関係を調べ、立ち席の制限を検討するとした。事故では51人が死亡。台湾当局は4日、負傷者は日本人2人を含む200人と発表した。

 事故は、死者を供養する祝日「清明節」の4連休の初日に当たる2日午前に発生。帰省や観光の旅客で混雑しており、乗客494人のうち122人が立ち席だった。列車は最高時速130キロで走行。目撃者によると、事故の瞬間、立ち席の人々は全員倒れたという。

 運営主体の台湾鉄路管理局(台鉄)幹部は「死傷者の状況とチケット販売状況を照合中」と述べ、調査を急ぐ方針を表明。台湾紙によると、事故で死亡した女性の家族は「娘は立ち席だった。直ちに販売を中止してほしい」と訴えた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング