産経フォト

ユーロスター経営危機 利用急減、支援獲得難航

2021.3.19のニュース

鉄道

ユーロスター経営危機 利用急減、支援獲得難航

dly2103190007

 英国と欧州大陸を結ぶ高速鉄道ユーロスターの運営会社が経営危機に直面している。新型コロナウイルス感染拡大を受けた移動制限で利用客が急減。各国政府からの支援獲得が難航しているためだ。英国と欧州連合(EU)諸国の間の旅行や出張に欠かせない交通手段で、運行に支障が出れば、欧州の社会や経済に深刻な影響を与えかねない。(共同)

 ユーロスターはロンドンとパリやブリュッセルなどを往復。新型コロナ流行で運行の大幅縮小を余儀なくされ、現在は1日に計4本のみだ。利用者数も「低水準」(広報担当者)にとどまる。これまでに新型コロナ危機前の95%減になったとも報じられた。

 運営会社はすでにフランス国鉄などの株主から2億ユーロ(約260億円)超の支援を受けたが、資金不足は依然深刻だ。早ければ6月にも底を突くとも伝わる。運営会社首脳は「大惨事になることはあり得る」と危機感を表明している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング