産経フォト

白銀に描く美しい曲線 除雪進むアルペンルート

2021.3.15のニュース

自然・風景

白銀に描く美しい曲線 除雪進むアルペンルート

dly2103150008

 北アルプス・立山連峰を貫き、富山県と長野県を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」の除雪作業が4月15日の全線開通に向けて進行している。晴天となった15日、除雪車やブルドーザーが雪の壁をかき分け、真っ白な雪原にS字の美しい曲線が現れた。

 除雪区間は高速バス専用区間となっている美女平(977メートル)から室堂(2450メートル)までの約23キロ。富山県道路公社によると、積雪は例年よりも少ないという。

 開通日から6月22日まで、高さ15~20メートルに及ぶ雪壁の間を歩く「雪の大谷ウオーク」の開催を予定している。ルートを運営する立山黒部貫光(富山市)の担当者は「新型コロナウイルス対策を徹底し、安心、安全に楽しんでもらえるようにしたい」としている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング