産経フォト

サンマ漁獲枠40%削減合意 8カ国・地域、33万トンに

2021.2.25のニュース

ニュース

サンマ漁獲枠40%削減合意 8カ国・地域、33万トンに

dly2102250017

 日本や中国など8カ国・地域がサンマの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が25日閉幕し、現行の漁獲枠を40%削減し、年33万3750トンとすることで合意した。2021年から2年間適用する。日本は歴史的な不漁に直面しており、漁獲枠削減など資源回復に向けた規制強化の実現が焦点となっていた。

 参加国・地域全体の総漁獲枠は現在55万6250トン、このうちNPFCが管轄する公海の漁獲枠は33万トンに制限されている。今回の会合では、総漁獲枠のほか、公海の漁獲枠も19万8千トンに削減することが決まった。

 会合は23日から3日間、ウェブ会議形式で開かれた。

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)によると、20年の日本全国のサンマ水揚げ量は前年比27%減の2万9566トンとなり、記録が残る中で最低だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング