産経フォト

集合住宅内でロボット配達 日本郵便、千葉で実験

2021.2.25のニュース

ニュース

集合住宅内でロボット配達 日本郵便、千葉で実験

dly2102250015

 日本郵便は25日、オートロック式マンション内に自動配達ロボットを複数台導入し、各部屋の前まで荷物を届ける走行実験を行うと発表した。26日から3月下旬まで千葉県習志野市で実施する。配達時間を最大3割減らす効果を見込んでおり、2023年度中の実用化を目指す。

 配達員は防犯上の観点から、マンション内に複数の配達先があっても、配達の度にオートロックの玄関の外まで戻って立ち入りの承諾を得ており、効率化の妨げになっている。

 ロボットは縦約54センチ、横約50センチ、高さ約76センチで、約10キログラムまでの荷物を運べる。実験では、9階建てのマンションで5台を活用。配達員はスマートフォンでロボットをマンション内から呼び出し、配達荷物を格納。ロボットは内蔵カメラなどで障害物を回避し、エレベーターを赤外線で操作しながら各部屋の前まで届ける。住民はスマホで到着の通知を受け、荷物を受け取る。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング