産経フォト

中国製ワクチンの接種開始 インドネシア、大統領が初

2021.1.13のニュース

ニュース

中国製ワクチンの接種開始 インドネシア、大統領が初

dly2101130013

 インドネシアで13日、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンの投与が始まり、ジョコ大統領が国民に安全と示すためとして、首都ジャカルタの大統領宮殿で最初に接種した。政府は英国や米国製ワクチンなども使用し、来年3月までに人口の7割に近い約1億8150万人への接種を目指すとしている。

 必要なワクチンは予備も含め計約4億2600万回分。政府は18~59歳の医療従事者約145万人を最優先に接種する方針。ジョコ氏は接種後、「ワクチンはコロナ感染の連鎖を断って健康を守り、経済回復の加速を助けるものだ」と述べた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング