産経フォト

燃料電池車配送を実証 トヨタとコンビニ3社

2020.12.8のニュース

自動車

燃料電池車配送を実証 トヨタとコンビニ3社

dly2012080008

 トヨタ自動車とセブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンは8日、燃料電池トラックによる配送の実証実験を2021年春ごろから始めると発表した。水素で走り、二酸化炭素(CO2)を排出しない燃料電池車の課題を整理するのが狙い。22年以降に実用化を検討する。

 車両はトヨタと傘下の日野自動車が開発している積載量3トンのトラックで、1度の燃料補給で最長400キロ走行することを目指している。コンビニ各社はそれぞれ1台を導入し、配送センターと店舗の間での商品の物流に使う。

 燃料を補給する水素ステーションの配置や、充填時間、車両の購入費用などの観点から実用性や利便性を検証する。同じく走行時にCO2を排出しない電気自動車(EV)に比べ、航続距離が長いのが特徴。充填時間も数分とEVの充電に比べて短く、物流での利用拡大が期待されている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング