産経フォト

太宰、充実の新婚生活記す 山梨で未発表書簡公開へ

2020.7.15のニュース

ニュース

太宰、充実の新婚生活記す 山梨で未発表書簡公開へ

dly2007150022

 山梨県立文学館は15日、作家の太宰治の未発表書簡を18日から公開すると発表した。1939年1月に記したと推定され、友人に「結婚は、からだに悪いといふのはどうも嘘のやうです」と新婚生活の充実ぶりを伝えている。

 文学館によると、太宰は38年9月から山梨県に滞在し、39年1月に結婚した。書簡は石原美知子との結婚を手助けした友人の高田英之助に宛てた巻紙1枚で、病気療養のため妻と別居生活を送る高田を励ます目的で書かれた。

 書簡では「私は、結婚して、顔色もよくなり、食欲大いにすすみ、また、ふとつた」と強調。「僕もからだは、君と同じで、微熱の恐怖大いにあつたのだが、結婚してみて、その不安、全く解消いたしました」と記している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング