産経フォト

コウノトリ最後1羽巣立つ 福井・越前、今春ふ化

2020.7.5のニュース

生き物

コウノトリ最後1羽巣立つ 福井・越前、今春ふ化

dly2007050007

 福井県越前市は5日、市内の野外の巣でふ化した国の特別天然記念物、コウノトリのひな4羽のうち雄の1羽が巣立ったと発表した。他の3羽は先月、巣から離れているのを確認しており、今春野外繁殖で誕生した4羽のひながすべて巣立った。

 市によると、5日午前6時45分ごろ市の職員が、ひなが巣の近くにいる親鳥たちの方へ飛び立つ姿を確認した。現在は4羽がそろって歩く姿が見られるという。

 ひなの親鳥は同市生まれの雄と、兵庫県豊岡市生まれの雌。4月中旬に営巣用の塔に作った巣で、雄と雌それぞれ2羽がふ化した。

 越前市の担当者は「無事に4羽が巣立ち、とてもうれしい。今後もコウノトリがすめる環境を守っていきたい」と話す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング