産経フォト

クロマツ植え替え作業延期 強風影響、震災遺構中浜小

2020.3.5のニュース

東日本大震災

クロマツ植え替え作業延期 強風影響、震災遺構中浜小

dly2003050006

 東日本大震災の津波に襲われた宮城県山元町の震災遺構中浜小に1本だけ残ったクロマツを5日、町が保存に向けて校舎敷地内で植え替える予定だったが、強風のため延期となった。クレーンによるつり上げの際に、危険が伴うと判断した。

 震災前は校門から続く道路沿いに多くのクロマツが並んでいたが、津波に流されたり、塩害で枯れて伐採されたりした。最後に残った1本は高さ約12メートル。約15メートル南東へ移植するため、昨年5月ごろから栄養剤が投与されていた。

 海に近い中浜小は2階天井付近まで津波が到達したが、児童、教職員ら計90人全員は屋上に避難し助かった。町は、児童らが一夜を過ごした屋上など校舎内部を見学できるよう整備し、7月19日から一般公開する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング