産経フォト

インフル治療薬の使用検討 25日にも対処方針を公表

2020.2.22のニュース

ニュース

インフル治療薬の使用検討 25日にも対処方針を公表

dly2002220005

 加藤勝信厚生労働相は22日、日本テレビ系列の番組で、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、インフルエンザ治療薬「アビガン」による治療を検討していることを明らかにした。また出演後の記者団の取材に対し、新型コロナウイルスへの対応策をまとめた基本的な対処方針を、早ければ25日にも公表すると述べた。

 加藤氏は、アビガンの使用について「これまでのインフルエンザなどに活用した薬で使えるものがあるのではないかという話も海外から入ってきている。できることはやる」と述べた。アビガンは富士フイルム傘下の製薬会社が開発。国内で製造、備蓄されている。

 新型コロナウイルスのようなRNAウイルスの複製を阻み、増殖を抑える。一方、動物では胎児に奇形が出る可能性が指摘されており、妊婦や妊娠している可能性のある女性は使うことができない。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング