産経フォト

からくり人形披露に感嘆 ロで九代目玉屋庄兵衛さん

2020.2.1のニュース

イベント・祭典

からくり人形披露に感嘆 ロで九代目玉屋庄兵衛さん

dly2002010003

 からくり人形師で名古屋市北区に工房を構える九代目玉屋庄兵衛(本名・高科庄次)さん(65)がモスクワで1月31日、自身が修復、復元、制作に関わるからくり人形の披露会を行った。精密な技術を駆使した人形の見事な動きに、集まった数十人のロシア人らから感嘆の声が上がった。

 玉屋家は江戸時代の1730年ごろから続く日本唯一のからくり人形師の家系。披露されたのは、童子が矢を抜き、的に向けて射る江戸時代のからくり人形の最高傑作とされる「弓曳き童子」のほか、両手で持った盆に茶わんをのせると客の元へ前進する「茶運び人形」など代表的な作品。(共同)

 玉屋さんが、弓曳き童子は矢が的に当たるか否かで表情が変わり、笑ったり悲しそうに見えたりすると説明すると、会場から驚きの声も漏れた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング