産経フォト

小豆がゆ炊いて豊作占い 和歌山の隅田八幡神社

2020.1.15のニュース

イベント・祭典

小豆がゆ炊いて豊作占い 和歌山の隅田八幡神社

dly2001150014

 国宝の銅鏡「人物画像鏡」を所蔵することで知られる和歌山県橋本市の隅田八幡神社で15日、小豆がゆを炊いて稲作の豊凶を占う神事「管祭」が行われた。わせとなかてが、今年は豊作になるとの結果だった。

 午前5時ごろ、本殿前に設けた釜に宮司が米1升と小豆5合を入れ、小豆がゆ作りを開始。小さい穴を開けた長さ約20センチ、太さ約2・5センチの竹筒3本を、煮えたぎる釜の中に沈めて炊き続けた。

 わせ、なかて、おくてとそれぞれに目印が付いた竹筒を、20分ほどたってから引き上げ、拝殿で中身を確認。入っていた米の量を見て占った。

 神事は江戸時代中期から伝わるもので、竹筒を用いることが名称の由来となっている。終了後、温かい小豆がゆと甘酒が参拝者に振る舞われた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング