産経フォト

桃田選手、経過観察続く 東京五輪への影響憂慮

2020.1.14のニュース

ニュース

桃田選手、経過観察続く 東京五輪への影響憂慮

dly2001140007

 マレーシアでバドミントンの男子シングルス、世界ランキング1位の桃田賢斗選手(NTT東日本)らが負傷した交通事故で、入院先の首都クアラルンプール近郊の病院では事故から一夜明けた14日、桃田選手らへの経過観察が続いた。桃田選手は東京五輪で男子シングルス初の金メダルが期待されており、影響が憂慮されている。

 マレーシアでバドミントンは人気があり、地元メディアは「事故でチャンピオン負傷」などの見出しで大きく報道。スター紙によると、桃田選手は事故後、病院に駆け付けた日本代表の朴柱奉ヘッドコーチに「まだバドミントンはできるか」と尋ね、朴氏は「寝て回復すれば大丈夫だ」と伝えたという。(クアラルンプール共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング