産経フォト

災害対応にドローン活用 神奈川県警、多摩川で訓練

2019.12.16のニュース

ニュース

災害対応にドローン活用 神奈川県警、多摩川で訓練

dly1912160011

 神奈川県警幸署と日本ドローン防災協議会(川崎市)、川崎市消防局は16日、多摩川の河川敷で、土砂崩れによる行方不明者の捜索や、水難救助にドローンを生かすための訓練を実施した。県内での台風19号の被害を踏まえ、災害時の対応力の強化を図る。

 約50人が参加。土砂崩れに巻き込まれた車両内を超小型のマイクロドローンで捜索し、人がいることを確認して救助につなげる訓練や、川で溺れた人にまずドローンで救命道具を運んで救助隊の到着を待ってもらう訓練をした。

 マイクロドローンは航続時間が短いものの、操縦次第で人の近づけない狭い場所に入り込めるのが強みという。

 幸署の斎藤秀明署長は「災害の脅威は目前に迫っている。警察だけでなく、行政や民間と協力して総合的に備えなければならない」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング