産経フォト

五輪記念で来春書道展 書家や全国の青少年ら出展

2019.12.9のニュース

ニュース

五輪記念で来春書道展 書家や全国の青少年ら出展

dly1912090018

 東京五輪・パラリンピックの開催を記念して、来年4月25日から5月10日まで国立新美術館(東京都港区)で開催される「日本の書200人選」展の概要が9日、同美術館で発表され、出品する書家が実演を行った。

 展覧会には、日本芸術院会員ら日本を代表する書家や障害がある書家計約200人が出展。全国の青少年や、青森県立八戸聾学校など同県内の特別支援学級の卒業生3人による作品のほか、昨年の西日本豪雨で被災した広島県熊野町で生産された筆なども展示される。

 実行委員会の委員長を務める、全国書美術振興会会長の田中壮一郎さんは「本展が東京五輪・パラリンピックを盛り上げていく一助となることを願っている」とあいさつ。出品する星弘道さんが「五輪 地水火風空」と揮毫した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング