産経フォト

ラグビー代表、感謝の掃除 日本の清潔さも影響

2019.9.26のニュース

ニュース

ラグビー代表、感謝の掃除 日本の清潔さも影響

dly1909260008

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、使用したロッカールームを自主的に掃除するチームが出てきている。日本の清潔さを知って実施するチームも。海外チームが試合後に行う「おじぎ」は日本大会でおなじみになりつつあるが、開催国に感謝の気持ちを込めた掃除も広がる可能性がありそうだ。

 22日のイタリア-ナミビア戦後、敗れたナミビアが「ほうきを貸して」と関係者に頼むと、勝ったイタリアもほぼ同時に「僕らにも」と依頼。選手がロッカールームの床に落ちた芝などを集め、きれいにして帰った。イタリアのミケレ・カンパニャーロは「普段はやったりやらなかったり。日本人はいつも親切に助けてくれて、きれいにしている。感謝を示す一つの方法」と説明した。

 掃除をしているチームは他にもある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング