産経フォト

移動店舗から現金引き出し JA紀州、過疎地域に需要

2019.7.12のニュース

ニュース

移動店舗から現金引き出し JA紀州、過疎地域に需要

dly1907120013

 JA紀州(和歌山県)は12日、トラックで食料品などを販売する「移動スーパー」のレジから、金融機関のキャッシュカードで預金を引き出せるサービスを始めた。過疎化が進む地域に住む高齢者らは遠くの窓口や現金自動預払機(ATM)に出向かずに済む。金融機関に負担となっているATMなどの固定費削減につながる可能性もある。

 JA紀州は2015年9月から、全国で移動スーパーを展開する「とくし丸」(徳島市)と組み、買い物に不自由する地元住人向けに移動スーパーを始め、現在は計6台で和歌山県御坊市などの家庭を回っている。

 今回導入したのは、買い物などの代金を口座から即時に引き落とすデビットカードを使った「キャッシュアウト」と呼ばれる仕組みで、預金を1万円単位で最大3万円まで引き出せる。手数料は利用客が負担する。JAバンクなどのデビットカード機能の付いたキャッシュカードなら金融機関を問わず使えるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング