産経フォト

モンゴルに恐竜の巣密集地 アジア最大、集団子育てか

2019.7.10のニュース

ニュース

モンゴルに恐竜の巣密集地 アジア最大、集団子育てか

dly1907100009

 筑波大と北海道大などの研究チームは10日、モンゴルのゴビ砂漠で、テリジノサウルス類とみられる恐竜が集まって産卵した「集団営巣地」の跡を発見したと発表した。約300平方メートルの範囲に幅1メートルほどの巣の化石が少なくとも15個見つかり、アジア最大規模という。

 研究チームは2011~18年、ゴビ砂漠の東部を調査。白亜紀後期の地層を発掘し、巣の化石が密集している場所を見つけた。それぞれの巣から、テリジノサウルス類が同時期に産んだとみられる直径13センチほどの卵の化石が複数見つかり、中には30個を確認できた巣もあった。ひなが殻を割って出たとみられる穴がある卵も多く、親が集団で行動し、ふ化したひなを天敵から保護していたと推定されるという。

 テリジノサウルス類は獣脚類恐竜と呼ばれる鳥類の古い先祖で、筑波大の田中康平助教は「巣を作って子育てする鳥類の行動の起源を探る手掛かりになる」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング