産経フォト

嘉手納基地で司令官交代式 キャリー准将が就任

2019.7.8のニュース

自衛隊・ミリタリー

嘉手納基地で司令官交代式 キャリー准将が就任

dly1907080006

 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)を運用する空軍第18航空団の司令官の交代式が8日、同基地で開かれ、新司令官にジョエル・キャリー准将が就いた。2017年7月から司令官を務めたケース・カニングハム准将は、米インド太平洋軍司令部に異動となった。

 式典で、第18航空団の青色を基調にした旗を受け取ったキャリー准将は「日本とのパートナーシップは今までにないほど重要になっている。インド太平洋地域の安定した環境を守っていく」と語った。

 キャリー准将は戦闘機のパイロットとして長時間の飛行経験を持ち、F15戦闘機などを操縦していた。18年6月からはアフガニスタンで第438航空遠征航空団の司令官を務めていた。

 嘉手納基地は、約3700メートルの滑走路が2本ある極東最大の米空軍基地となっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング