産経フォト

イラン「核製造意図なし」 最高指導者ハメネイ師表明

2019.6.13のニュース

ニュース

イラン「核製造意図なし」 最高指導者ハメネイ師表明

dly1906130014

 安倍晋三首相は13日午前(日本時間同日午後)、イランの最高指導者ハメネイ師と首都テヘランで会談した。ハメネイ師は「核兵器を製造も、保有も、使用もしない。その意図もない」と表明した。会談後、首相が記者団に明らかにした。首相は「平和への信念を伺うことができた。地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進であると評価している」と指摘した。日本の首相がハメネイ師と会談するのは初めて。

 イランの核開発を巡りイランと米国の対立が深まる中、軍を含む国政全般に強い影響力を持つハメネイ師に対し、偶発的な武力衝突の回避を呼び掛けた形だ。

 首相は「緊張緩和に向けた道のりは困難を伴うが、この地域と世界の平和と安定のために、これからも努力を重ねていきたい」と語った。首相は、トランプ米大統領から「エスカレートは望んでいない」との発言があったとして、ハメネイ師に対し「トランプ氏がどのような意図を持っているのか。私の見方を率直に話した」とも強調した。(共同)

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング