産経フォト

香港トップ、条例撤回せず デモに中国「断固反対」

2019.6.10のニュース

ニュース

香港トップ、条例撤回せず デモに中国「断固反対」

dly1906100015

 香港中心部で9日に大規模な反対デモが起きた「逃亡犯条例」改正案について、香港政府トップの林鄭月娥行政長官は10日、記者会見し、撤回に応じない方針を示した。中国外務省の耿爽副報道局長は、デモの背景に外国勢力による干渉があったとして「断固反対する」と述べ、改正案を「中国政府として支持する」と重ねて訴えた。

 林鄭氏は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正は「法の抜け穴をふさぐためだ」と改めて強調した。7月の立法会(議会)休会前の可決を目指すとみられる。またデモ後に一部若者が警官隊と衝突したことについて「暴力事件は遺憾の極み。全面的に追及する」と批判した。

 9日のデモは主催者発表で103万人が参加し、大きな混乱なく終了した。しかし一部若者が立法会に突入しようとして警官隊と衝突、警官ら少なくとも4人が負傷した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング