産経フォト

五輪の輸送問題「協力を」 東商決起大会で組織委会長

2019.6.10のニュース

イベント・祭典

五輪の輸送問題「協力を」 東商決起大会で組織委会長

dly1906100012

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は10日、東京商工会議所が大会機運を盛り上げるために東京都内で開いた「2020年に向けた決起大会」であいさつし、大会成功への課題である輸送問題などに「ぜひご協力ください」と述べた。

 大会関係車両の円滑な移動と日常の経済活動の両立は大会本番の焦点で、渋滞回避策として首都高速道路の料金を上乗せする「ロードプライシング」などが検討されている。森会長は「本当に必要な人以外は高速道路を通らないよう努力しましょうと言っていただける状況をつくらなければならない」と話した。

 決起大会には東商や各地の商工会議所などから約700人が出席。三村明夫会頭は「さまざまな挑戦に対し、政府、自治体、経済団体、各企業が果敢に取り組んでいくことが、大会後の地域経済の活性化とわが国の成長につながると確信している」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング