産経フォト

ベトナムでメガソーラー シャープ、太陽光事業拡大

2019.6.5のニュース

ニュース

ベトナムでメガソーラー シャープ、太陽光事業拡大

dly1906050009

 シャープは5日、完全子会社のシャープエネルギーソリューションがタイのエネルギー関連企業などと共同で、ベトナムに大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設したと発表した。アジア各国で太陽光事業を拡大させており、ベトナムでは4カ所目となる。

 建設地はベトナム中部のクアンガイ省。出力規模は約4万9千キロワットで、年間発電量はベトナムの一般家庭約3万9千世帯分に相当する。既に稼働しており、現地の合弁企業が運営に当たる。

 ベトナム政府は太陽光発電を普及させる計画を掲げており、シャープは今後もベトナムでメガソーラーの建設を進める。モンゴルやインドネシアなどでも太陽光発電事業の拡大を目指す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング