産経フォト

粛清説の金正恩氏側近健在 公演同行、韓国紙は誤報

2019.6.3のニュース

ニュース

粛清説の金正恩氏側近健在 公演同行、韓国紙は誤報

dly1906030005

 北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩朝鮮労働党委員長が2日に軍人の家族らによる芸術公演を観覧したと伝え、粛清説が出ていた側近、金英哲党副委員長も同行したと報じた。金英哲氏は2月の米朝首脳会談決裂の責任を問われ、強制労働を科されたと韓国紙、朝鮮日報が報じていたが、健在が確認された形だ。

 朝鮮日報は、米朝首脳会談の事前交渉に当たった金革哲・米国担当特別代表が銃殺刑に処されたとも報じたが、米韓両政府とも慎重な見方を崩していない。

 金正恩氏は李雪主夫人と共に公演を観覧。朝鮮中央通信は、同席者として最側近の崔竜海・最高人民会議常任委員長ら朝鮮労働党幹部を列挙する中で、金英哲氏の名前も伝えた。ラヂオプレス(RP)によると、金英哲氏の動静が確認されたのは、4月の最高人民会議以来。朝鮮日報は5月31日、金革哲氏が平壌郊外で銃殺刑に処されたほか、韓国や米国との交渉窓口を務めてきた金英哲氏が北部慈江道で強制労働と思想教育を科され、部下のキム・ソンヘ統一戦線策略室長は政治犯収容所に送られたと報じていた。(シンガポール共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング