産経フォト

LINEで小説楽しんで 読書アプリ、文学賞も

2019.4.16のニュース

エンタメ

LINEで小説楽しんで 読書アプリ、文学賞も

dly1904160013

 通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は16日、小説に特化した、読書や投稿もできる新サービス「LINEノベル」の提供を発表し、作品の投稿受け付けを開始した。スマートフォン上で小説が読めるのは無料アプリの提供が始まる今夏から。

 同社は、文学賞「令和小説大賞」の創設も発表。日本テレビなどと共催で才能の発掘に努める。

 LINEノベルには新潮社や講談社、KADOKAWAなど大手出版社も参加。今夏のサービス開始時点で伊坂幸太郎さんの「オーデュボンの祈り」など200作品と、LINEノベルのオリジナル作品も約50作品を配信する。

 令和小説大賞のアンバサダーに就任した乃木坂46の高山一実さんは、小説家デビューの経験を踏まえ「書くと覚悟した日から、人は大きくなる。応募を楽しみにしています」と呼び掛けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング